本サイトでは、快適にご利用いただくために、下記のブラウザを推奨しております。
ご利用のブラウザが異なる場合、閲覧できない場合がございますので、ご了承ください。

  • ・Internet Explorer 9以上
  • ・Google Chrome 最新版
  • ・Firefox 最新版
  • ・Safari 最新版

閉じる

サステナビリティに向けた取り組み

京都は1,200年もの間、日本の首都であり続けた、世界にも類を見ないサステナビリティを体現している街です。
三方を山に囲まれた緑あふれる街で、ビルの高さ規制や屋外広告規制等により、美しい景観が守られています。ごみのリサイクル・分別は当然のように行われており、世界に誇る使いやすさの公共交通機関もあります。
1997年12月11日、地球温暖化についての京都議定書(COP3)が京都国立国際会館で採択され、それ以来「Kyoto」は環境へ配慮した取り組みを示唆するキーワードになりました。

sustainability

sustainability

コンベンション業界においても、サステイナブルは近年益々需要なテーマとなっております。国際会議協会(ICCA)のスカンディナビア地区は、いち早くサステイナブルな取り組みを行い、2016年には、その取り組みが全世界規模で行われることとなりました。それが、グローバル・デスティネーション・サステナビリティ・インデックス(Global Destination Sustainability Index)です。
2016年6月、京都はアジアの都市として初めてグローバル・デスティネーション・サステナビリティ・インデックスに参画し、それまでヨーロッパ中心だった取り組みに、アジアの中でも先陣を切った京都の取り組みが注目を浴びました。
京都文化交流コンベンションビューローは、サステナブルな伝統産業・文化やサステイナブル認証を受けた事業者を取り入れることで、会議のサステナビリティを最大にし、より持続可能なイベントデスティネーションに向けて、取り組みます。

京都文化交流コンベンションビューローが目指すもの

サステナビリティという言葉は元来日本語には存在しませんが、その精神は存在し続けてきました。京都文化交流コンベンションビューローは、京都が持続可能なイベントデスティネーションであり続ける為に、主催者・コンベンション事業者に対し「サステナビリティ」の概念を周知し、サステナブルな会議開催に繋げます。

1. サステナブルな会議の誘致

サステナビリティを重視する会議を京都に誘致し、会議におけるサステナビリティに関しての需要を創出します。特に環境、科学、文化、歴史など、サステナブルな分野の国際会議の誘致活動の強化を進めます。

2.カーボンオフセットの促進

DO YOU KYOTO?クレジット制度を中心に、サステナブルな取り組みの利用を促進します。

3.サステナビリティの取り組み効果の向上

環境、社会・文化、経済の側面からサステナビリティに対する理解をより深めていただけるよう、主催者・事業者等に周知を行います。

4.伝統産業の支援

イベント開催時において、サステナブルな産業の代表例である伝統産業や伝統文化の利用を促進し、京都独自の文化的遺産を守ります。

京都で開催される会議へサステナビリティを組み込む

Do You Kyoto? - 京都市の会議・イベント向けカーボンオフセット事業

地域コミュニティが創出したカーボンクレジットを買い取ることで、会議のカーボンフットプリント(※)を相殺できます。1クレジットはCO21トンに相当し、1万円で販売されています。

※カーボンフットプリントとは、個人や団体、企業などが生活・活動していく上で排出される二酸化炭素などの温室効果ガスの出所を調べて把握すること。

doyoukyoto

この事業は、地域コミュニティがCO2排出を削減できるよう、京都市が創設し、運営を行っているものです。町内会・商店街等のコミュニティが省エネ活動や設備更新によりうみだしたCO2の削減量を、京都市がクレジットとして認証・取引します。そして取得・集約したクレジットを売却し、市内で開催されるイベントやスポーツの試合、京都観光のカーボンオフセットや、改正地球温暖化対策条例に基づく特定事業者の排出削減目標達成に活用します。

京都の文化で会議を彩る

京都の素晴らしい文化を取り入れることで、イベントが特別なものとなります。また会議の持つ経済力が京都の地元コミュニティを支え、素晴らしい文化的遺産を守ることにもつながります。

  • ●ステージ-芸舞妓による舞、邦楽の演奏、太鼓パフォーマンスなど
  • ●伝統産業製品-参加者への伝統産業で作った記念品の配布や、陶器・竹製品・織物・染め物・漆塗り等工房体験、着付け体験など
  • ●食文化-鏡開き、茶席、和菓子作り体験など
  • ●会議オリジナルグッズ-京都の伝統産業とのコラボレーションで、会議オリジナルグッズを作成。伝統産業技術を利用したオリジナルコングレスバッグなど、事例があります。

イベントにおける京都の文化活用に対する補助金

京都の文化を活用したイベントは、補助金の支給対象となります。ただし適用には条件があり、また事前に申請いただくことが必要です。補助金ご利用の際は事前に京都文化交流コンベンションビューローへご連絡ください。

※補助金には限りがありますので、年度内であっても申請が多数の場合は受理いたしかねます。あらかじめご了承ください。

自転車での京都散策

京都は観光名所や情緒ある街並みがコンパクトにまとまっており、徒歩はもちろんのこと自転車での散策にも、最適の街です。京都を訪れれば、市街地はコンパクトでわかりやすく、街をとりかこむ美しい山々、中心部を流れる川、街中の木々に癒されます。

公共交通機関でのアクセス

京都市内はどのエリアも公共交通で移動できます。ホテルの97%は公共交通で簡単にアクセス可能です。京都の公共交通機関は安全でわかりやすく、時間に正確です。また英語での表示や車内アナウンスもあります。さらに、41%のホテルは会議施設から徒歩圏内にあります。大規模会議も徒歩と公共交通のみで移動可能な場所で開催できます。

京都コンベンションパス

認定された会議に対しては割引乗車券の販売が行われています。これにより、参加者の公共交通機関の利用を促します。申請方法等詳しくは以下のURLを参照ください。

サステナブルな事業者一覧

サステナブルな事業者の一部は下記のリンクにて紹介しています。詳細についてはお問合せください。

ページトップに戻る
ページトップに戻る