本サイトでは、快適にご利用いただくために、下記のブラウザを推奨しております。
ご利用のブラウザが異なる場合、閲覧できない場合がございますので、ご了承ください。

  • ・Internet Explorer 9以上
  • ・Google Chrome 最新版
  • ・Firefox 最新版
  • ・Safari 最新版

閉じる

京都市の開催支援助成金 (MICEのイベントタイプや規模に合わせてきめ細やかにサポート)

小規模MICE開催支援助成金申請期間:開催1か月前

※申し込み多数につき、申請条件を満たしていてもご利用いただけない可能性があります。

中規模MICE開催支援助成金申請期間:開催1か月前

※申し込み多数につき、申請条件を満たしていてもご利用いただけない可能性があります。

大規模国際コンベンション開催支援助成金申請期間:開催地決定前まで

京都らしいMICE開催支援補助制度申請期間:開催1か月前

※申し込み多数につき、申請条件を満たしていてもご利用いただけない可能性があります。

  • 対象:企業会議/インセンティブ・ツアー/国内・国際会議/同窓会(大学同窓会、企業OB会等)
  • 会期:1日以上 ※宿泊要件:参加者の7割が原則京都市内での宿泊を伴うこと(同窓会除く)
  • 参加者要件:30名~上限なし(企業会議/インセンティブ・ツアー/国内・国際会議)、100名~上限なし(同窓会)
  • 対象経費詳細:①、②併用可能
    ①式典やレセプション等における、舞、和太鼓、茶道、着物着付、鏡開き等の経費
    ②参加者に対して配布する伝統産業製品の購入経費及び工房見学、体験の経費、ミスきものの派遣
  • 補助費用:①費用の7割補助(上限30万) ②費用の全額補助(上限30万)
    ※(①、②併用の場合も合計で30万)
  • ※伝統産業製品を100万円以上購入する場合は,50万円を補助。(文化プログラムとの併用はできません)
  • 備考:国際案件のみ各種助成金との併用が可能

本制度は、京都市からの補助金により、当財団の予算の範囲内において年度単位(4 月 1 日から翌年 3 月 31 日)で行っており、
原則申請順で審査を行うことから、申請受理多数の場合、申請条件をみたしていてもご利用いただけない可能性があります。
交付可否及び交付額については審査により決定されます。
詳細は以下よりお問い合わせ下さい。

ページトップに戻る
ページトップに戻る